思い詰めてしまった女たち●個展「CINEMA」展示作品より

0
    先日の4/11〜16の表参道OPAギャラリーでの個展「CINEMA」の
    展示作品●第二弾です●

    ブラック・スワン(2010年アメリカ)
    ブラック・スワン

    内気なバレリーナが大役に抜擢されたプレッシャーから
    少しずつ心のバランスを崩していく様子を描いた作品。
    ナタリー・ポートマンの身体と演技に圧倒されました。

    17歳のカルテ(2000年アメリカ)
    17歳のカルテ

    ウィノナ・ライダーが主演だったけれど
    アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー賞助演女優賞を受賞。
    どちらの演技もよかったと思う。
    「ブラック・スワン」にもウィノナ・ライダーが出ていたけれど、
    「17歳のカルテ」のときのかわいさは全くなくて、
    本当に病人みたいでストーリーに関係なく、びっくりした。

    ベティ・ブルー(1986年フランス)
    ベティ・ブルー

    ベティの奔放なところ、ゾークのちょっと情けない感じで、
    ベティにぞっこんなところがクスっとすると思えるようになったのは4回ほど見てから。
    何回観ても、新しい発見があるのが映画なんだなぁと思いました。



    ※ブログは写真で撮ったもので紹介しておりますため、照明などによって少々色が違っています。
    (各展示作品はホームページのギャラリーページにも順次アップ中です。色はホームページを参考にして頂けると幸いです。)
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    ホームページ

    http://miurayumiko.com/

    当ブログに掲載されている画像等の
    無断転載はご遠慮下さい。
    イラストのご依頼、問合せ等はお手数ですが、ホームページのcontactよりおねがいいたします。




    Instagram

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM