やさしい少年達と美しい風景の映画●個展「CINEMA」展示作品より

0
    先日の4/11〜16の表参道OPAギャラリーでの個展「CINEMA」の
    展示作品の紹介●第三弾です●

    リバーランズ・スルーイット(1992年アメリカ)
    リバーランズスルーイット

    フライフィッシングの風景が美しく、記憶に残っていた映画。
    ブラッド・ピットが注目され始めた映画らしいです。
    私はこの映画で初めてブラッド・ピットを観ました。

    マイフレンド・フォーエーバー(1995年アメリカ)
    マイフレンド・フォーエバー

    これもたまたま川と少年の絵。
    HIV感染者の少年と彼のために治療法探しに奔走する少年の友情のお話。
    治療薬を探しに、川を下って冒険をスタートするシーン。

    展示を見に来て下さった方の中でも観たことがあって、
    好きな映画のひとつと言われることが多かった映画でした。
    そして、HIVの少年を救う方を演じたブラッド・レンフローが
    若くして亡くなってしまっていることを展示中に聞いて驚きました。
    劇中で少しずつ大人びていく感じが印象的でした。

    僕は怖くない(2003年イタリア)
    僕は怖くない

    ミニシアター系の映画だからかあまり観た方はいらっしゃいませんでした。
    でも、絵を観て興味を持ってくれる人が多い映画でした。
    お話の内容は、これもまた少年の友情話だけれど、
    最後がマイフレンド・フォーエバーとまた違った衝撃が。

    振り返ってみると、私は少年もののお話が好みなんだと気づきました。
    それに気づいた方に「スタンド・バイ・ミー」はどうして選ばなかったの?
    と聞かれました。


    ※ブログは写真で撮ったもので紹介しておりますため、照明などによって少々色が違っています。
    (各展示作品はホームページのギャラリーページにも順次アップ中です。色はホームページを参考にして頂けると幸いです。)
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    ホームページ

    http://miurayumiko.com/

    当ブログに掲載されている画像等の
    無断転載はご遠慮下さい。
    イラストのご依頼、問合せ等はお手数ですが、ホームページのcontactよりおねがいいたします。




    Instagram

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM