知ってますよ。

0
    学生の頃、地元での話。

    夏休み、バイト仲間たちとの楽しい飲み会からなかなか抜け出せず、
    電車の終電に間に合わなかった帰り道のこと。

    電車の乗り換えの駅までは電車があったけれど、家のある駅までの電車が終了。
    仕方なく、駅を降りて、タクシーに乗ることにしたけれど、
    電車なら200円もしないのに、タクシーに乗ったら10倍以上。

    あ〜最悪。
    誰かと一緒に乗れば少しマシだけれど知らない人とそんなことできるわけないし。
    と思いながら、タクシー待ちの列に並んでいたら、
    後ろにいた女の子が
    「あ、みうらさんじゃないですか?」と。

    顔を見たけれど、友達じゃないし、誰だろう?と思っていたら
    「あの、私、知ってますよー。幼稚園のときにみうらさん知ってました。○○幼稚園ですよね?」
    と。。

    私のひとつ下の子みたいで、なぜか私のことを知っている子が出現。
    そう言われれば、こんな感じの子見たことあるような。
    とは言え、幼稚園のときって、約18年も前のこと。

    で、結局、その子と一緒にタクシーに乗って最寄駅で降りました。
    その後、まったくその子とは出会ってません。

    もし、今みたいに携帯電話やスマホがあれば気楽に連絡先聞いてたのかもしれません。
    でもよくよく考えたら偶然とはいえ、不思議なできごとでした。


    女の子
    JUGEMテーマ:日常

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    ホームページ

    http://miurayumiko.com/

    当ブログに掲載されている画像等の
    無断転載はご遠慮下さい。
    イラストのご依頼、問合せ等はお手数ですが、ホームページのcontactよりおねがいいたします。




    Instagram

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM