バジルに黒いつぶつぶ

0
    ここ数年、夏にベランダでバジルを少しだけ育てています。
    今まで、お水やりと育った葉を採取する以外に特別にお世話しなくても、
    バジルが途中で弱ることはなかったのに、
    最近どうも、成長がわるくて、ところどころ穴があいてるしおかしいなぁ
    と思ってよくみると、黒いツブツブが。

    虫か?と思ったけれど、黒いのは動かず、、気持ち悪いので、ザクザク切っていたら、
    ちょっと枝よりやわらかいものが。
    よくみると、枝にそっくりな青虫さん。
    思わず、大声だしてしまいました。

    あれ?見つかりました?的な雰囲気。
    バジルが弱っているかわりに青々ときれいな色。
    申し訳ないけれど、移動してもらいました。

    バジルに青虫は考えたこともなかったけれど、よくあるみたいです。
    黒いのは青虫さんのフンでした。
    とても食欲旺盛みたいです。

    バジルと青虫
    JUGEMテーマ:日常

    しぶいおねだり

    0
      スーパーにて

      かわいらしい声で女の子が
      「きゅうり買ってぇぇぇぇ〜!!!」と言ってました。
      たぶん、幼稚園の年少さんくらいの子でした。
      かわいい〜

      お母さんは「家にあるから今日はレタスにしとこうね」と諭してました。

      以前も近所で
      「にんじん買って〜〜〜!!」と号泣しているこどもがいました。
      にんじんはもっと渋い感じ。 なんとなく。

      同じ子だったのかなぁ。

      キュウリ買ってほしいな

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      親のこともほめてくれる歯医者さん

      0
        小さいころからあまり歯医者に行ったことがありません。
        私のじまんできる数少ないことのひとつです。

        学生の頃は健康診断と一緒に歯を見てもらう機会があったけれど、
        今は歯を見てもらうことはあまりないので、自主的に一年に2回位、
        クリーニングと検診をかねて行っています。
        毎回、あの診察台にドキドキし、あの口をすすぐ水が自動に入る機械に感動しています。

        そして、歯をクリーニングしてもらいながら、
        歯科衛生士のお姉さまのクリーニングの力強さに圧倒されます。

        今行っている歯医者の先生は私の歯を見ると
        「こんないい歯を持った人はこういう仕事をしているとめったに見ないんですよ。
        ほんといい歯してますよ。大事にしてください。」
        としみじみと言って下さるので、なんだかとてもうれしくなります。
        でもよく考えてみたら、
        そもそも虫歯や歯で困ることなければ歯医者に行かない人の方が多いから、
        私みたいなの歯の人を見るのが稀なのかしら?
        とも思い始めたけれど、褒められるのはやっぱりうれしいです。

        この歯医者さんに初めて行った時は
        「こんないい歯なのはご両親のおかげですよ。感謝しなくては。」
        と親のこともほめて頂き、
        とてもうれしく、ほんとにそうだなと親にも伝えました。

        小さい時、うちの母は外でごはんを食べたりしてすぐに歯磨きできない状況でも必ず、
        食事の後にお茶や水を飲みなさいと常に言っていて、
        正直、「うるさいなぁ〜。そんなんせんでも大丈夫やわ。」と思っていましたが、
        今でもそれは習慣に。
        ほんとに感謝です。

        カバ

        こどもの頃の交換日記

        0
          先日の帰省で押し入れの中にしまってあった段ボールを少し整理。
          その中から、小学生高学年位のときに友達としていた
          交換日記のような小さなメモ帳がいくつか出てきました。
          その内容に、自分で書いたことだけれど、「あほやなぁ」とつっこみいれてしまいました。

          とても小さなメモ帳でほんとに当人同士しかわからないような内容だけれど、
          小学生のとき、あんなことあったなぁとすっかり忘れていたけれど
          思い出すことが沢山詰まったものでした。
          変なキャラクターの4コマとかも描いていました。。

          なので捨てるのもなんだか勿体ないような気がして、少しだけ持ち帰ったけれど、
          結構内容がネガティブで、
          あまり手元に置いておくのもマイナスな感じがしたのでサヨナラしました。

          残りの段ボールの中にも忘れてしまっていて
          思い出してないことがいくつか残っているのかもしれないけれど、
          少しずつ出して、整理していくと何かまた新しい発見があるかもしれないと思いました。

          こどもの頃の交換日記
          JUGEMテーマ:つぶやき。

          おせんべいやのおばあちゃん

          0
            東京に来て10年ちょっと。

            ぽつぽつと商店街のちょっと外れなどにある自家製おせんべいやさんが結構気になりつつ、
            買ったことなかったのですが、数か月前にお店があることに気付いて、
            気になっていた近所のおせんべいやさんでお買い物してみました。

            ガラスケースにおせんべいがいろいろ入っているけれど、
            あまり買ってる人を見たこともなく、どこかに卸してたりするのでしょうか。

            しばらくたっても誰も出てこず、、呼び鈴でもどこかに?
            とキョロキョロしていたら、小さなおばあちゃんが奥から出てきました。

            ケースの中をみているとやさしそうなそのおばあちゃんが
            「開けて好きなのみなさい。それもおいしいよ!」
            と一生懸命に説明してくれました。

            お会計中もその後もおばあちゃんはおしゃべりをたくさんしてくれました。

            嫁いで50年近く、ずっとそこでおせんべいやさんをしているようでした。
            周りに昔から住んでいたひとたちがどんどんいなくなって、
            ビルばかりになって、さみしいとおっしゃってました。
            でも、ずっと病院にはかかってなくてお元気のようでした。
            歯もしっかり全部あって、笑顔のとてもすてきなかわいいおばあちゃんでした。

            おせんべいはガチガチに堅いのではなく、ほんわりさっくりのやさしいおせんべいでおいしかったです。
            また、お買いものしようと思います。


            おばあちゃんとおせんべい
            JUGEMテーマ:日常


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            ホームページ

            http://miurayumiko.com/

            当ブログに掲載されている画像等の
            無断転載はご遠慮下さい。
            イラストのご依頼、問合せ等はお手数ですが、ホームページのcontactよりおねがいいたします。




            Instagram

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM