12/13〜12/25 【宮沢賢治 十二色の絵本展】に参加します。

0
    12/13(火)〜12/25(日)※12/19(月)休廊
    【宮沢賢治 十二色の絵本展】に参加します。
    場所:ギャラリー まぁる
       東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
    Open:PM12:00〜PM19:00 最終日16:00まで

    私は「雪わたり」を選び、
    デザイナー 中村 欽太郎さんと絵本をつくりました。
    きつねとこどもがでてくるお話です。

    お近くへお立ち寄りの際は是非、よろしくおねがいいたします。

    朗読ライブもあります!

    詳細
    ↓↓↓↓↓
    宮沢賢治 十二色の絵本展
    12人の装画家がそれぞれ宮沢賢治の作品を色のイメージを考えながら十二作品選び、
    12人の装幀家とそれぞれチームを組んで十二冊(十二色)の絵本に仕上げました。

    本の表紙絵と挿絵と十二冊(十二色)の絵本の展示をします。
    2016年12月13日(火)〜12月25日(日)
    12:00〜19:00 最終日16;00 月曜休廊

    絵本は、作品として販売いたします。
    【限定100部 エディションナンバー入り】です。

    【装画家】
    綾 幸子 泉 雅史 岩間淳美 柿崎えま 木村晴美 クリタミノリ
    小林マキ 三浦由美子 村山永子 中村菜都子 吉澤絵理 Ryoojing

    【装幀家】
    糟谷一穂 菊池千賀子 清原一隆 小島トシノブ 後藤祥子 白畠かおり
    竹田壮一朗 土屋みづほ 中島慶章 中村欽太朗 藤城雅彦 松岡史恵
    企画 :GALERIE Malle 木川志津子

    【ディレクション】
    清原 一隆
    タイトルロゴ : 松岡史恵

    【背クロス協力】ダイニック株式会社
    【芯ボール協力】レンゴー株式会社
    【用紙】株式会社 竹尾
    【印刷・製本】関西美術印刷株式会社

    宮沢賢治
    岩手県花巻市で生まれる
    花巻農業学校教師、地質学者、音楽家、童話作家、
    詩人であった賢治は多くの作品を残し37歳という若さで亡くなりました。
    独自の世界観や豊かな心情に満ちた作品は今も多くの人々を魅了し続けています。
    今年は生誕120年の年になります。

    ★宮沢賢治★
    「十二色の絵本展」の十二色を賢治が作曲した歌を織り交ぜながらの朗読ライブです。
    皆様お楽しみに!!
    【キーボード演奏】阿部明子さん
    ■12/17(土)
    ♪ 2時〜 雨ニモマケズ 手紙 セロ弾きのゴーシュ
    ♪ 6時〜 雨ニモマケズ 手紙 セロ弾きのゴーシュ

    ■12/18(日)
    ♪ 2時〜 やまなし 双子の星 マリヴロンと小女 歌「種山ヶ原」
    ♪ 6時〜 やまなし ひのきとひなげし 月夜のでんしんばしら

    ■12/22(木)
    ♪ 6時〜 やまなし 双子の星 マリヴロンと小女 歌「種山ヶ原」
    ■12/23(金)

    ♪ 2時〜 やまなし ひのきとひなげし 月夜のでんしんばしら
    ♪ 6時〜 雨ニモマケズ 水仙月の四日 注文の多い料理店

    ■12/24(土)
    ♪ 2時〜 雨ニモマケズ 水仙月の四日 注文の多い料理店
    ♪ 6時〜 雪渡り 林の底

    ■12/25(日) ♪ 2時〜 雪渡り 林の底

    宮沢賢治12色の絵本展DM

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    初めてのこわれ方

    0
      昨日のコト。
      机に向かって作業中、「パン!」と近くで破裂音。
      朝の地震もあって、結構、ビクッとしてしまった。
      プチプチの大きめのがはじけたくらいかそれよりもう少し大きめの音。
      「エッ?何?」と見渡すけれど何も割れてないし、
      そもそも割れるようなものがない。
      もしかして、絵具のチューブから空気が抜けた音かな。。
      とそんなことあるのかわからないけれど
      そう思うことにして、作業継続。

      しばらくしてPC使うと、マウスが反応してない。
      マウスの電池も切れておらず。
      PC再起動したけれどマウス使えず、とりあえず、放置。

      再度、電池を確認したら、液漏れ。
      破裂音は、電池だったみたい。
      あんな音がするとはびっくりでした。
      もちろん、マウスも壊れました。

      驚くねずみ

      JUGEMテーマ:日常


      ストライプのシャツ

      0
        秋らしいさわやかな晴れの日。
        シャツ一枚で丁度いい感じだったので、
        よくある着やすい細めの縦ストライプのシャツで出かけました。

        まぁ、普通によくあるストライプの定番シャツなので、
        外で人と被ることも多いのもわかっていたのだけれど、
        電車に乗ってつり革につかまって前に座ってる女の子を見たら、
        おなじ洋服やさんのシャツでは無いけれど、同じようなストライプ感に同じような配色。
        もうちょっと手前でシャツに気付いてたらあえてそこに立たなかったけれど、
        そこそこ混んでたので移動できず。

        その子の隣の席が次の駅で空いたけれど、隣に座るのもなんだか恥ずかしくなって、
        最後までずっとその子の前で立ちながら、心の中でひとりツッコミ。
        よくある定番シャツだけれどまさか、
        たまたま立ったら同じようなシャツって。
        「私のシャツ、ユニクロちゃうしな」とか、
        「今度から上にカーディガン羽織ろう」とか、
        「あ、ブローチつけようかな」とか
        いろいろ被らない策を考えてるわたし。
        最後の駅まで女の子はこっち見てなかったけれど、
        微妙に、ニヤけたやばい人だったかもしれません。

        アリクイ

        JUGEMテーマ:日常



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        ホームページ

        http://miurayumiko.com/

        当ブログに掲載されている画像等の
        無断転載はご遠慮下さい。
        イラストのご依頼、問合せ等はお手数ですが、ホームページのcontactよりおねがいいたします。




        Instagram

        selected entries

        categories

        archives

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM